2018年10月17日水曜日

Diversityのある進路とノーベル賞

こんにちは。麻酔科Kです。

10月1日に、京都大学特別教授の本庶佑先生がノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

手術、抗癌剤、放射線に続く、第四の治療として注目されている、がん免疫治療薬の「オプジーボ」の開発に携われた偉大な先生です。

2000年になったばかりの頃は、免疫系はわかっていないことが多く、ざっくり言うと「悪い細胞を倒してくれる、よくわからない何か」でした。

それから十数年が経過し、免疫を司るT細胞に付属する「PD-1」というレセプターと、癌から出ている「PD-L1」というリガンドがくっつくと、本来身体を守っている免疫機構にブレーキがかかってしまうことがわかりました。

なので、PD-1をPD-L1から守ることで、免疫力が正常に働くのではないかという仮説の元、作られたのがオプジーボです。
医学を大学で一通りは勉強しましたが、卒業して何年経っても新たな事実が次々と出てきます。人体の謎はまだまだ多く、奥が深いなと思いました。

さて。話は少し変わりますが、当麻酔科医局には大学院へ進学し、博士号を取得する道があります。

時期としては専門医前後で院に進む先生が一般的ですが、10年目以上でも興味があれば大学院へ進学し、様々な分野の研究を行うことができます。



普通の医局なら、「麻酔科なのだから、麻酔科学での博士号取得」という考えが一般的ですが、当科では病理や薬理、神経学、医療工学など、多方面な分野での研究が可能です。

今年卒業したY先生も、実は先ほどのPD-L1について研究し、博士号を取得しており、昨今のニュースのことを熱く語っていらっしゃいました。

こういう医局にいると、案外ノーベル賞って、近くにあるのかもしれないなと思いました。

***

東京女子医科大学麻酔科学教室は後期研修医のお問い合わせ、見学を随時募集しています。

大学院へ進みたい人も、臨床をしたい方も歓迎です。

麻酔科医局 ikyoku.ac@twmu.ac.jp までお気軽にお問い合わせください。


2018年9月26日水曜日

専攻医の募集と締め切り

こんにちは。ブログ担当Kです。

投稿を忘れていた、いえ、意図的に投稿を遅らせていた2018年公式医局説明会の内容です。


開催は以前周知したとおり、7月末日に都内イタリアンレストランで行われました。
7月28日、みなさま覚えておいででしょうか。関東地方に台風が直撃した日です。

強風の中、準備を進めながら空を見上げ、なぜ今日なのかと肩を落としたことはいうまでもありません。実際、3名の先生が当日欠席となってしまいました。

けれども欠席はそれだけで、殆どの参加予定の先生が出席されました。
今年も美味しい料理とともに、各分野の先生方が熱心で面白い説明をしてくださいました。研修医の先生方にはどう映ったでしょうか。


説明会が終わる頃には台風は若干逸れていき、二次会も無事に開催することができました。

公式説明会終了後、比較的若い学年の先生方と情報交換ができるようにと、毎年設けさせていただいている二次会で、待遇や実際どうなのかという若手の本音を、研修医の先生が聞ける場になっています。こちらにも、数名の先生にお越しいただき、無事終えることができました。

来年も同じ時期にやるとすれば、天候には気をつけたいですね。

******************

女子医大麻酔科では専攻医を募集しています。
機構からの締切は10月中旬とありますが、一次募集として科内では9月中と定めています。もし締切に間に合わない、けど申し込みたい、という先生がいらっしゃいましたら直接麻酔科医局<ikyoku.ac@twmu.ac.jp>までご連絡ください。

2018年8月17日金曜日

ある日の当直風景と謎の暗号

麻酔科Kです。

今日は、ある日の当直の風景をお届けします。

といってもその日僕は当直ではなく、日中の麻酔を終えて帰るところでした。麻酔科控え室から自分の鞄を回収し、立ち去ろうとしたとき、机の上に何かがあることに気がつきました。

普段色んな先生がお菓子を置いていったり、学会のお土産を置いていったりしているその机に、それはありました。


ケーキでした。あまり見たことがないデザインで、文字もアルファベットのようですが、暗号めいています。

MS p...o...HBDSK... ??

しばらくして作ったご本人がいらっしゃいました。O先生でした。O先生は天才というか、独創的というか、とにかく行動が読めない先輩なのです。

質問してみると、明日誕生日を向かえるS先生へのプレゼントに、バースデーケーキを作ってきたということでした。

つまり、HBDはhappy birthdayだったのです。(残りも謎の略し方でした)その独特の略し方にも驚きましたが、レシピも驚きで、インド人のYouTubeを見て作ったということでした。

ちょうどそこへ、その日当直だったS先生が帰っていらっしゃったので、記念に一枚写真を取りました。

S先生(左)とケーキを作ったO先生(右)

右のケーキは買ってきたものだそうです。やはり左の方がインパクトありますよね!
サプライズケーキにS先生は泣いて喜んでいました。

忙しい日々の合間に、こうしたエピソードがあるのはいいなぁと、ほっこりしてかえりました。

***

東京女子医科大学麻酔科学教室は、2019年度入局の、専攻医を募集中です。

麻酔科としての一次募集は9月1日~9月30日までで一度締め切る予定としています。
申し込みには、入局書類が必要です。

麻酔科医局 ikyoku.ac@twmu.ac.jp までお問い合わせください。お早めのお申し込みをおすすめします。
見学も随時受け付けています。気軽にお問い合わせください。


2018年7月5日木曜日

医局説明会 2018 開催決定

麻酔科Kです。
すでに当院へ見学してくださった先生方には告知しておりますが、
後期研修医向けの説明会「女子医大 麻酔科公式説明会」の時期がやってきました。

院外の初期研修医の先生で、「なかなか平日は見学に…」という方には朗報です。

公式説明会は
7月28日土曜 夕方 17:30- 
神楽坂のイタリアンレストランで行われます。

なぜ、レストランで行われるか。
それは、コース料理を食べながら説明会を聞けるからです。
外部・内部問わず、研修医の參加は無料です。



ただし、席数には限りがあり、予約が必要です。
參加したい方は、お早めにご連絡ください!

麻酔科医局<ikyoku.ac@twmu.ac.jp

*******************

 東京女子医科大学病院 麻酔科学教室では、研修医の皆様の見学を随時受け付けております。見学希望の方は、こちらのフォームより、いつでもお申し込み下さい。

2018年6月8日金曜日

Echo Week 2018 参加報告

先日海外のワークショップに参加された、山本先生と、森脇先生に報告を頂きましたので、ブログにご紹介いたします。


Echo Week 2018 に参加してきました。Echo Week とは経食道心エコーの勉強会で、毎年アメリカのジョージア州・アトランタで開催されていて、今年は 21 回目になります。内容は、心臓手術中における経食道心エコーの活用方法になります。
スケジュールは 5 日間で、朝 8 時から夜 8 時までひたすら英語の講義を受け続けます。
最初の 2 日間は、エコー原理から始まり、心機能の計測方法など基本的な内容をレビュ
ーしていきます。講習開始 3 日目の中日には、ウェットラボがあります。ブタの心臓を使用して、エコーで見えているものと実際の構造物を比較するというものです。この時

点で最初の 2 日間に学習した内容を、実際の心臓を目の前にして復習をします。最後の
2 日間は経食道心エコーを診療補助ツールとしてどのように使用するかを、症例を提示しながら学習していきます。

講義のシラバスが、毎年 NBE が主催する Advanced PTEexam というエコーの試験を前提に作られています。そのため参加対象者の多くは、この試験の受験予定者でした。とは言っても、内容は最新のガイドラインに基づいているため、知識の再復習をしたい人や最新の知見を知りたい人にとっても、十分に満足できる内容となっています。

時差の影響もあり、長時間続く講義はとても応えます。そのため、講習会場のホテルに泊まることと、2 人以上で参加されることをお勧めします。アトランタを観光する時間はあまりありませんでしたが、充実した時間を過ごすことができました。1 週間の休暇を頂きありがとうございました。

手短ではありますが、echo week 2018 参加報告とさせて頂きます。

*******************

 山本先生、森脇先生、ご報告ありがとうございました。

 東京女子医科大学病院 麻酔科学教室では、研修医の皆様の見学を随時受け付けております。見学希望の方は、こちらのフォームより、いつでもお申し込み下さい。

2018年5月19日土曜日

2018年 日本麻酔科学会

 お疲れ様です。麻酔科Kです。
 日本麻酔科学会総会のご報告です。

 今回は参加のみですが、リフレッシャーコースや、機器展示をゆっくり見ることができるいい機会だと思って、色々見て回りました。ポスター発表も、敷居が高いだけあって、面白いものが多かったです。

 成育医療センターから帰局されたI先生も発表されてました。


 機器展示はやはり、普段臨床で用いている麻酔器やその他の機械類の最新バージョンに見て触れられるのが楽しいですね。新しい機能なども増えていたりして、いつか病院に入ったら使ってみたいです。

当院でも見かけるタイプ。やはり、モニター3つとなると大きい。
なんだかコンパクトでかっこいい

 真面目に学会で学んだあとは、やはりその土地自体についても見地を深めねばなりません。

 面白さあり、楽しさありの横浜学会でした。
 次回からはまた、発表も頑張っていきます。

 麻酔科Kでした。

*******************

 東京女子医科大学病院 麻酔科学教室では、研修医の皆様の見学を随時受け付けております。見学希望の方は、こちらのフォームより、いつでもお申し込み下さい。


 

 

2018年5月3日木曜日

2018 World Congress on Regional Anesthesia & Pain Medicine参加報告


2018 World Congress on Regional Anesthesia & Pain Medicine参加報告

 麻酔科錬士のGです.
 419-21日にニューヨークで開催された2018 World Congress on Regional Anesthesia & Pain Medicineに参加してきました!
 会場はタイムズスクエアど真ん中のホテル(写真右側の建物)で,中も外も非常に賑やか&カラフルで日本の学会とはまた違った雰囲気が漂っていました.




 学会中は,ワークショップに幾つか参加させて頂きました.特に印象に残ったのはcadaverを使用したもので,エコーでの抽出だけではなく,実際に神経ブロック針を使用して行うので,経験したことないブロックにも挑戦でき,非常に良い経験となりました.いいお値段ではありましたが...




 指導医K先生のもと,一応ポスター発表も行いました.K先生,他指導医の先生方のおかげでなんとか完成させることが出来ました.アブストラクトの書き方,ポスターの作成方法など,まだまだ勉強すべきことはたくさんあります...



 錬士のY先生は堂々と発表されていて,自分も一層努力しなくてはと感じました.



 空いた時間には少しニューヨークを観光してきました.マンハッタンの夜景はものすごく綺麗で,肉,シーフード,ジャズ,ハンバーガー,NYチーズケーキ,全てが最高でした.














 昨年から当院麻酔科にイタリアから研修に来ているC先生と,二ヶ月間留学でアメリカに来ている東京女子医科大学生さんのO先生です.今回の学会を通じて,他国の先生も含め様々な先生方と交流する機会があり,素晴らしい経験をすることが出来ました.
 こういった経験が出来るのも,自分たちの不在中に大学で働いてくださる先生方のフォローのおかげだと思います.ここで学んだこと,経験したことをしっかり大学に還元していきたいと思います.
 そして今後も国際学会に参加できるよう頑張っていきます!